ドイツ世界大会ふりかえり・その③(仲間割れ編)

2019年6月、ドイツのベルリンで開催されたワールド カップテイスターズ チャンピオンシップ2019(WCTC2019)の思い出ふりかえりです。

今回はちょとした仲間割れ、珍道中編です。

WCTC2019の出場にてドイツにコーチとして同行してくれた旦那。「それ」はドイツに行く前からのセントレアから既に始まっていたのでした。

「それ」とは食べ物屋をウロウロする事です。なので今回は、食べ物の写真ばかりです。
早朝セントレアに到着し、出発までに朝ごはんを食べようという事になりました。
練習と緊張で丸2日位ほぼ寝ていない私は、朝ごはんは何でもよかったのですが、旦那は寝不足なんてどっかに行っていて、セントレア内のフードコートを端から端まで何往復した事か、、。

どっかで座って待ってたら良かったのに、慣れない空港でずっと旦那の後ろをついていく私。どんどん削られるHP。

食後間もなく出発。10時間後、トランジットのフィンランド空港に到着。ここでドイツ行に乗り換えですが、「初フィンランドやから食べておきたい」とか言い出して、空港のフードコートを待ち時間の限りを使い端から端を何往復。

何度同じお店の前まで行ったことか。

私は乗り物で寝れないタチの上に、多分すっごく緊張していて、フィンエアで一睡もできず、寝不足と疲弊でこの往復が本当にしんどくて、心の中で「何往復する気なんだい?」とマスオさんの声真似で何度も心の中で叫びました。

ここでHPが限りなく0になりました。

フィンエアの中でしっかり睡眠取ってる元気な旦那。とにかに食べ物屋をみるとフラフラ寄って行って、じ~っっっとみて、いらなかったら次の食べ物や行く楽しそうな旦那。輝 
頭の中は練習でいっぱいの私に反して、ドイツに着いても、空港の食品をチェックする旦那。宿泊所最寄り駅に着いて、到着までの道のり、食べ物やがあると寄って行く旦那。宿に到着してご飯を食べに行き、食後なのに帰りの食べ物屋に吸い寄せらえる旦那。
雑貨屋とかには全く目がいかない旦那。どうしても行きたいパン屋があるときかない旦那。なんだか一人、セントレアから楽しそうな旦那。

(そういえば、WCRC観に台湾へ行った帰りも、なんとか麺食べたいッて言い出して、空港内のフードコートに探しに使った時間で帰りの飛行機危なかったなァ。)

競技前で緊張して、食べ物なんてどうでも良かった私は気持ちに余裕がなかったんでしょうね。ドイツに着いてからも楽しそうで一人満喫している旦那に腹が立ってきて、「ここに何しに来たんだい?(マスオさんの声で)」と仲間割れになりました。

でも、、初めて来たドイツだったので、折角だからもっと気兼ねなく食べさせてあげたら良かったな。と今だから思えます。一緒に楽しめば良かったんですよね。余裕が無く、こころが狭い私なのです。

ちなみに旦那は、WCTCの会場の出店ブーズではない、食べの屋の屋台もめっちゃチェックしてましたね。(時間がなくて狙っていた何かを食べれなくてちょっと悔しそうだったのを覚えています)

そんなドイツ・ベルリンの身近な食べ物を満喫していた主人に「ドイツで一番印象に残った食べ物は?」と聞くと、「○○○」でした。これは大会後日に食べ物なので、後日編でお伝えできればと思います。(まだ続ける気です(笑))

ベルリンでよく食べたのはパンやカリーヴルスト、ハンバーガーでした。カリーヴルストは色々な店があってそれぞれで味が違いましたが、「CURRY36」が一番美味しかったです。
また、競技が終わるまでは禁酒していたので沢山飲み食いできませんでしたが。スーパーや町中のお店で売っているソーセージ類やチーズの種類がとても多くて、さすがビールとワインの国だなと思いました。

ただ、何となく日本食を食べている方が味覚にはいいような気がして、私はおにぎり作ったりとか日本から持って行ったものを良く食べていました。