原料カッピングと製品カッピング。

営業時間終了後、原料カッピングと製品カッピング。今回は、コロンビア2種、インドネシア2種、ケニア2種で今気付きましたがオール赤道直下。同じ赤道直下でも、当たり前の事なんですが、産地によっても風味の特徴が全く違うし、同じ国でもエリアで違ってくるところがコーヒーでとても面白い所だなと毎度ワクワクします。おっ!これはっ!というコーヒーと出会えますように。このセットが終わって、ご飯食べ終わったら、次は製品カッピングで、エチオピア6検体。これまた焙煎でどんな違いが出るのか楽しみです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは、創業1940年 新田珈琲、3代目焙煎士の新田和雄です。

焙煎歴は十数年。
お客様に「おいしい」と思って頂けるコーヒーをご提供するため、
日々、検証しながら焙煎や抽出を行っております。

所有している資格では、
・JCQA認定コーヒー鑑定士
・CQI認定アラビカQグレーダー
・SCAJアドバンスドコーヒーマイスター
・JBAバリスタLevel1
・コーヒーインストラクター3級トレーナー
などになります。

競技関連では、以下の「コーチ」経験があります。
・ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ 日本優勝
・ワールドカップテイスターズチャンピオンシップ 世界14位
・ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ 日本3位

目次
閉じる