Quick Mill Andreja Premium 到着しました。

おいしいドリップコーヒーとエスプレッソの普及に努める kazuo です。

ようやく到着しました。注文から約20日かかりました。消費税は4000円でした。gooppingが配送してからは早くついた印象です。関税も特に問題なかった感じで、取り合えず無事に到着して一安心です。

取り合えず、設置。

荷姿はこんな感じです。表にはgooppingからヤマト運輸で送った送り状が、upsのシールの上に貼ってありました。

上の蓋を開けたところ。中にアンドレプレミアムの箱がみえます。角はきちんと発砲スチールで支えられています。

更に箱の蓋を開けると本体の姿がみえます。

最後は取り合えずラテいれてみましたが、他のサイトの方もよく書いておられますが、マシンが変わるとミルクの作り方は一から勉強しなおし?って感じですね。ChrisCoffeeServiceのおまけのミルクの作り方のDVDがありましたが、自分的にはイマイチ参考になりませんでした。

ミルクの量は?乳脂肪はどれくらい?ピッチャーのサイズは?ノズルの位置は?って感じで、こらからまた、YouTubeでの勉強の日がはじまりそうです。

どうも大きい泡が消えない。叩きつけても消えない。何でだろう。

ちなみに肝心のエスプレッソはデロンギでいれています。ミルはもう少ししたらマイナーチェンジ版が出るようなのでそれが出てから注文する予定です。

11月16日のもの。量ると80cc程度の牛乳でやってたみたいで、多めにしないとスチームミルクが暖まるのが早くてうまく攪拌出来ない。多くてもうまく渦が作れなくて苦戦中。ノズルの穴が4つあるので制御が難しい。大きいピッチャーで多いミルクなら出来るのかなー。

11月17日の朝のもの。まだ安定はしていませんが、スチームのコツを少し掴みました。対流がうまく起こると大きな泡の種が吸い込まれて行くんですねー。ちょっと感動しました。でもミルクの量は結構少なめなので大きめのカップ用に量を増やせばもっと滑らかになりそうです。あとレバーが壊れていたマルケニッヒのミルを一台直せたので何とかエスプレッソ用に使えないか検討中です。

11月17日の帰宅前のものです。マルケニッヒのミルでエスプレッソ用に挽いた豆でエスプレッソを抽出しました。というか、AndrejaPremiumで初めてエスプレッソを抽出しました。まだ挽き具合は調整途中ですがねっとりとしたエスプレッソが出て少し嬉しかったのと、写真をみてもらってもわかる様にコントラストが全然違います。アートとしてはイマイチですが。また明日からより美味しくなるように頑張ります。

11月18日のもの。やっぱりミルクが難しいです。

カテゴリー未分類