新しい 敦賀伝統菓子・豆らくがん 「敦賀RengA」(つるがれんが) 完成致しました。

「敦賀らしさ」と「コーヒーに合う」お菓子をコンセプトに、敦賀伝統菓子「豆落雁(まめらくがん)」を 敦賀の新名所「赤レンガ倉庫」
の固さと形をイメージして新しい当店オリジナルのお菓子が誕生致しました。

当店店主(JCQA認定コーヒー鑑定士)とヨメの二人で、以前からコーヒーに合うと密かに言われていた敦賀の伝統菓子「豆落雁」にチョコレートを合わせたら、更にコーヒーに合うんじゃないか!!という発想から、地元敦賀の銘菓店「小堀菓舗」さんに「赤レンガ倉庫になぞらえて、豆落雁にチョコレートをあわせたお菓子をつくって頂けますか?」とお願いしたところ、快く承諾頂き、完成までに至りました。

オリジナルのお菓子が欲しいと思った理由は、お客様より「コーヒーと一緒にお菓子を贈りたい」というコーヒーとお菓子の詰め合わせへの要望が多々ございました。普通にクッキーに粉を入れたものなども考えたりもしたのですが、やはり「敦賀らしいもの」「敦賀だけにしかないもの」を詰め合わせたいと考えました。
丁度その時に、敦賀の新名所「赤レンガ倉庫」がオープンし、「赤レンガ倉庫にちなんだお菓子にしよう」という考えも加わりました。

「敦賀らしいお菓子」、「赤レンガ倉庫」、、、この二つのキーワドーをぐるぐる考えていると、以前から江戸時代から伝わる敦賀の伝統打ち干菓子「豆落雁」が浮かびました。
以前、「ふれあい若狭」さんという番組で当店を取材頂いた時に、「和菓子に合うコーヒー」と一緒に、以前から一部の方々に「豆落雁は意外とコーヒーに合う」という事を伺っていて、自分達も良くコーヒー菓子で頂いていた、「豆落雁」をコーヒー菓子にお出ししたことがあったのです。

日本全国に様々な落雁はございますが、大豆粗挽き粉を使い、おかめ の顔を模したこの豆落雁は江戸時代から続く敦賀の伝統菓子になります。材料は非常にシンプルで、大豆粗挽き粉、砂糖、水あめなどになり、風味も非常に素朴ですが、粗挽きの大豆のおかけで大豆の風味を存分に楽しめるお菓子です。グルテンフリーで栄養価も高く、小さなお子様から、お年寄りの方まで是非召し上がっていただきたいお菓子です。

この豆落雁の特徴としては、大豆の粗挽き粉をつかっていることと、「硬い」です。

この「硬い」イメージが「赤レンガ倉庫」に結びつきました。

また、コーヒーにはチョコも合うし、豆落雁にチョコレートを掛けたお菓子を販売されているお店はまだないということで、もうこれしかない!!「赤レンガ倉庫」をモチーフにした「チョコ豆落雁」を作ろうという事になりました。

せっかくイメージが固まったのですが、店主とヨメとではとうてい作りようもなく、豆落雁の「和菓子」とチョコレートの「洋菓子」この二つを作られている「小堀菓舗」様にご依頼させて頂く事となりました。

完成までには「小堀菓舗」様 以外にも様々な方々のご支援、ご助力を頂きました。本当に有難うございます。

特にお世話になった方々のご紹介を是非ともさせて頂けたらと思い、感謝の気持ちと共に、ご紹介を兼ねた「敦賀RengA」のメイキングページを作成予定です。
少しづつつくって行くと思いますので、ゆっくりお付き合いください。
敦賀の豆落雁MAPも作りたいと思っています。

またFacebookの方でもご紹介をさせて頂きます。是非ご覧くださいませ。

RengAポスター表 ポスター裏面(訂正版)


This entry was posted in JCQA, お知らせ, お菓子, コーヒー鑑定士, 品質管理マスター, 商品設計マスター, 敦賀RengA, 生豆鑑定マスター, 豆落雁. Bookmark the permalink.

Comments are closed.