4/21(火)ブラジル Cup of Excellence レイトハーベスト2015 カッピングセミナーに参加しました。

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQA認定 コーヒー商品設計マスター の新田和雄 & JCQA認定コーヒーインストラクター1級 & JBA認定バリスタライセンスレベル1 の新田千香子です。

4/21(火)に臨時従業を頂き、「ブラジル COE(Cup of Excellence カップ オブ エクセレンス)2015レイトハーベスト」 飲み比べカッピングセミナーに参加してきました。

写真 2015-04-21 13 20 44

ちなみに、タイトルのCOE(Cup of Excellence カップ オブ エクセレンス)」とは、、、

*******************************

各生産国において、その年の最高のコーヒーを選出するために開催されるのが「カップ・オブ・エクセレンス(COE)品評会」です。 厳しい審査を通過し最終的に国際審査員によって選ばれた「最高の中の最高のコーヒー」に対してのみその称号が授与されます。 具体的には、国際審査員の評価の平均が85点以上に対して与えられる名誉ある称号です。 そのコーヒーは、公開国際インターネットオークションで世界中のコーヒー輸入会社やコーヒーロースターなどによって落札されます。(Wikipedia より引用)

********************************

cupofexcellence

今回のカッピングは23銘柄、すべてブラジルナチュラルのCOEにでした。
しかも、全て スペシャリティーコーヒーとなり、カッピング評価基準が 平均点以上のコーヒーになります。

これだけの数のブラジルを カッピングする機会は 中々ありませんので、本当に参加できてラッキーなセミナーでした。

カッピングの銘柄は下記の23銘柄です。

ブラジル レイトハーベスト

写真 2015-04-21 13 50 16

最下位のカップでも 85点以上を取っていますので非常に素晴らしいコーヒーになります。

写真 2015-04-21 13 31 09

カッピングの印象は 順位が下位のものほど 酸味が少なく ブラジルらしい 柔らかな苦味を感じましたが、順位が上がっていくにつれ、どんどん立体的で爽やかな酸味とワイニーな香りを感じる様になり、10位前後からはまるで、中米系のウォッシュドの様な風味なっていました。

今回も様々なコーヒーに触れる事ができ、珈琲の世界がさらに広がりました。今後もこの経験を珈琲の販売に活かし、お客様に より喜んで頂けるようなコーヒーを提供して参りたいと思います。

全くの余談ですが、セミナー開始時間の1時間ほど前に現地に到着し、お昼ご飯を食べました。
お店にいる時は、必ずお客さんが入ってくることを意識しながらご飯を食べていますし、お店が休みの日は当たり前ですが、必ず子供達と一緒に食べます。夫婦二人で何かを気にかけず「ぼ~、、、っ」としながら食事をするのが本当に久しぶりでした(笑)
久々にゆっくり噛みながら食べる事ができ、「頭からっぽで何も考えずにご飯食べれる幸せ」を久々に味わいました(^^)

「ブラジル アマレロブルボン パルプドナチュラル ボンジャンディン農園」入荷・焙煎致しました。

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー JCQA認定コーヒーインストラクター1級 & バリスタライセンスレベル1の 新田千香子です。

黄色いチェリーの「アマレロブルボン」、精製方法をパルプドナチュラルで仕上げた、別名「ハニーコーヒー」であるブラジル アマレロブルボン パルプドナチュラル ボンジャディン農園」 入荷・焙煎致しました。
HP用 ブラジルアマレロPN(画像のみ)

* こちらのコーヒーはマイクロロット入荷商品の為、無くなり次第販売を終了させて頂きます。

天日干し(ナチュラル)や水洗式(ウォッシュド)に比べ まだまだ流通量の少ない 希少な 「パルプドナチュラル」のコーヒーです。

パルプドナチュラルとは コーヒーチェリーの実を剥いだ後、種の周りの 粘液質を残したまま 乾燥させる 精製方法の一つです。
中米では この粘液質の事を 蜂蜜(ハニー)と呼ぶことから パルプドナチュラルで仕上げたコーヒーの事を「ハニーコーヒー」とも呼んでいます。また、この製法で仕上げたコーヒーは 通所のウォッシュドコーヒーに比べ甘みがあると いわれています。

HP用 ブラジル アマレロブルボン

☆ヨメの勝手なコメント☆———————————————————————————————
ひとくち、口に含んだその瞬間の感想は「何て優しいコーヒー!」と驚くほど優しい口当たりのコーヒーです!ブラジルナチュラルのナチュラル風味を残したまま、その風味が口の中で「ふぅ、、」「スゥ、、」と溶け解けてい行く感じと甘味。これが「パルプドナチュラル」の風味なのかなと 思いました。コーヒーが苦手な方も 是非ストレートで 飲んで頂きたい コーヒーです。非常に澄み渡るような綺麗な印象のコーヒーです!ブラジルナチュラルの優しさを持ちながら、カリブ海系コーヒーの様なクリーンカップです。
突出した香りはありませんが、癖が無く、非常に飲みやすいコーヒーです。(逆に言えば癖がありませんので、普段癖のある珈琲を飲まれている方には物足りないかも知れません。)

ブラジル アマレロブルボン と ニカラグア レッドカツアイ焙煎しました。

ブラジル ブルボンアマレロ パルプドナチュラル ボンジャルディン農園 ニカラグア サンタ・マリア・デ・ローデス農園 SHG

福井県敦賀市にある有限会社チモトコーヒー 三代目焙煎士、 JCQA認定コーヒー商品設計マスターの新田和雄です。

今日は初めて、

「ブラジル ブルボンアマレロ パルプドナチュラル ボンジャルディン農園」

「ニカラグア サンタ・マリア・デ・ローデス農園 SHG」

を焙煎しました。

ブラジルの方は、ブルボンのアマレロという品種で通常のコーヒーチェリが、サクランボのように赤い身を付けるのに対し、アマレロは黄色い身が付きます。

また、パルプドナチュラルという果肉を取った後の滑り部分を残したまま乾燥させる精製方法で、品質面では糖質により甘みが増えると言われています。ただし乾燥時、糖質により豆が発酵するリスクなどもあり、細心の注意が必要で生産コストの高い方法となっております。

アマレロとパルプドナチュラルがどの様な味なのか、今から楽しみです。

また、ニカラグアの方は、レッドカツアイという品種で、風味としては、柑橘系の香りとナッツ系の香りとの説明でしたので、これも楽しみです。

焙煎度は、共にシティローストです。

今日1日寝かせて、明日から店頭にて取り扱いを検討しています。

第38回敦賀百縁笑店街

イベントのお知らせです。

hyaku4_38_omote hyaku4_38_ura

2015/4/15、10時から12時まで敦賀百縁笑店街が開催されます。

当店も、ホットコーヒーや、ドンゴロス、器具類などを100円で販売予定です。
タイムセールとしてイベント中は、コーヒー豆10%増量サービスも行います。

会場は、敦賀市本町と神楽の商店街となります。
あいにくの雨ですが沢山のご参加お待ちしております。

参加店の詳細はこちら

地図などが必要な方は、以下のリンクからチラシデータをご確認下さい。

チラシなどのデータが必要な方はこちら

敦賀気比高校 優勝おめでとうございます。

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQA認定 コーヒー商品設計マスター の新田和雄です。

敦賀気比高校優勝おめでとうポスター

敦賀気比高校の甲子園優勝おめでとうございます。
地元の高校が全国で優勝するなんて、本当に素晴らしい事だと思います。

仕合中は、仕事だったのでTVでは観戦できずにWEBで結果だけ見ておりましたが、実は、敦賀気比高校は母校でもあるので、もっと積極的に応援すればよかったと少し後悔しております。(^^;

そして、優勝おめでとうのポスターを頂きましたので店頭にて貼らせて頂いております。これからの活躍も非常に期待したいと思います。