こどもお仕事体験2014(コーヒーのブレンドを体験しよう)

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQA認定商品設計マスター の新田和雄です。

今日は朝から中郷公民館にて、子供達にコーヒーのブレンドの仕方をレクチャーして参りました。

080 079

081

と言っても、そんな堅苦しいものではなく、目的としては、「お父さんやお母さんたちに飲んでもらいたいおいしいコーヒーをつくろう!」ということで進めました。

内容は、

  • どんなイメージのコーヒーにするか?
  • 具体的にどういう味わいにしたいか?
  • そして実際にどんな配合にするか?

を40分1コマとして4コマ分、合計約30名の子供に体験してもらいました。

今回は、先日取得した商品設計マスターの資格を活かしての講座としてたのですが、最初のコーヒーのイメージが、思ってたより難しく、なかなかイメージがわかない子供たち。

「しまった!(°_°) 」と思ったりもしたのですが、

「お花とか、チョコとか、キャラメルとか、朝に飲むようとか、、、」色々ヒントを出していくと、それぞれに考えてくれていました。

012

あとは、イメージを具体的にどの豆で作るのかという段階になるのですが、その前に今回用意した約8種類(ブラジル、コロンビア、グァテマラ、ホンジュラス、マンデリン、モカ、キリマンジャロ、ヨーロピアンブレンド)の珈琲の香りをかぎながら説明を読んで貰うと、

「いい匂い!(^^」
「苦そう(XX」
「これ好き!(^^」

と色々な感想が聞けて、子供たちらしさを感じられました。(^^

そして、ここからが「お仕事体験」の本番です。

コーヒーをミルで挽いて粉にして、そして、1杯分だけ、コーヒーバッグにしました。

今回、写真を撮るの忘れていたのですが、それぞれの配合を書いたコーヒーの袋に実際に珈琲を入れたものと、コーヒーバッグはお持ち帰りで、「帰ったら新鮮なうちに おうちの人に飲んでもらってね。」と伝えて終わりました。(^^

子供たち、最初は難しそうでしたが、実際に香りを嗅いで、混ぜて、などの作業になると、本当に楽しそうでした。まだまだ、珈琲を飲むのには早い子もいるので、今回の様な内容にしましたが、少しでもコーヒーに興味を持ってもらえるとうれしいなと思い無事に講座を終えることが出来ました。

水洗式、非水洗式、コーヒーチェリー、ブラジルとコロンビアの見分け方、等はお話しさせて頂きましたが、生産国の話などは時間もなく今回はできませんでした。

013

最後になりますが、本日の敦賀は、大雪でした。

ご参加頂いたお子さんはもちろん、送迎の親御さん、そして、敦賀商工会議所の面々、また、ご協力いただきました他団体の皆様、中郷公民館の皆様、本当にお疲れ様でした。


This entry was posted in コーヒー教室, コーヒー豆, 講座. Bookmark the permalink.

Comments are closed.