「敦賀珈琲」販売しました。(アピタ敦賀店)

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
焙煎担当 & JCQA認定コーヒーインストラクター1級 の新田和雄です。

2014年10月12日(日)10時~17時ごろまで、アピタ敦賀店さんで「敦賀珈琲(つるがコーヒー)」の販売と試飲会を行ってまいりました。

024 10173550_738450446227557_2127802704109439332_n

この敦賀珈琲、中身はこれまでの販売しているコーヒーバッグ(レギュラーとカフェインレス)を同じ商品5つを袋に入れたものなのですが、敦賀で74年目を迎え、地元でずーっと焙煎しているということもあり、「敦賀珈琲」という名前で販売させて頂きました。

中身に関しては、

「敦賀珈琲(ブレンド)」

・ブラジル シナール No2
・コロンビア エスメラルダ スプレモ

等を配合したブレンドで、そこに フレンチローストのブレンド(コロンビア、ペルー、グァテマラ アンティグア ベラカルモーナ)を配合し、まろやかで、すっきりした味わいの中にも程よい香ばしさを感じるブレンドになっております。

「敦賀珈琲(カフェインレス)」

・コロンビア<カフェインレス>

をフルシティローストまで焙煎し、カフェインレスのもつ柔らかさを活かしつつも、少し深めの煎り具合で、十分にコーヒー感を楽しんでもらえる味わいになっております。

敦賀珈琲

商品パッケージには、それぞれの写真と共に

「名勝 氣比の松原」(ブレンド)
『万葉集』や『日本書紀』にも詠まれている、古くから知られ
る敦賀の景勝地で、三保の松原(静岡県)・虹の松原(佐賀県)
と並ぶ日本三大松原の一つ。日本の白砂青松100 選に指定さ
れている。松原の中には散策路がめぐらされている。

「敦賀港」(カフェインレス)
三方を山に囲まれた天然の良港であり、古代から栄え 渤海使の為に松原客館
が置かれていた。1907 年に第一種重要港湾に指定され敦賀郵便局が外国郵便交
換局に指定されたことから日本からの国際郵便の大半が敦賀港を経由すること
になった。1912 年にはウラジオストク航路に接続する国際列車が新橋駅(1914
年からは東京駅)と金ヶ崎駅(1919 年に敦賀港駅と改称)との間に走りだした。
写真は昭和初期という当店の創業時期に近い頃の敦賀港。

の説明を入れ、敦賀以外の方にも、ほんの少しだけですがが、敦賀の事を知って頂けるようにしております。

10625147_738451846227417_3537817476503897121_n

当日は、試飲カップで約450杯をお客様にご試飲頂きました。

ちなみに 1kgの豆を約24gで360ccで抽出しましたので、1000÷24で、約41回ハンドドリップを行いました。

当初は、コーヒーメーカーでの抽出も考えたのですが、実際にハンドドリップで淹れているところをお客さんに見て貰いたいのと、味の面でもそちらの方がおいしいという判断で、ハンドドリップにこだわってみました。

アピタ敦賀店のご担当の方には、湯沸しに使用したIH用の電源の確保など、ご面倒だったとは思いますが、非常に助かりました。

また、お客様からは、

「うまい!」
「普段はブラックだと飲めないのに美味しい」
「むちゃくちゃ美味しい!」
「これはお土産に喜ばれる!」(と言っていくつも買っていかれました)
「駐車場から入ったらすごいいい香りだったので探した!」
「いつもチモトさんの飲んでるのよ。」
「前にポートンさんの時に入っていたところよね?」

等たくさんのお声を頂き、用意や当日の試飲は、大変ではありましたが非常に有意義な時間を過ごすことができました。

当日、ご試飲頂きましたお客様、ご購入頂きましたお客様、どうもありがとうございました。

2014.10.04「Nagoya Coffee LABO」さんのインドネシアカッピングセミナーに参加して参りました。

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQA認定コーヒーインストラクター1級 の 新田和雄、
同じく、JCQA認定コーヒーインストラクター1級 の 新田千香子です。

10月4日土曜日、「Nagoya Coffee LABO」さんのカッピングセミナーに参加して参りました。

敦賀から名古屋まで約1時間半、「コーヒーの勉強に行くの」って言ってるのに、なぜか「一緒に行く」と言って聞かない子供たちも連れての参加となりました。

今回参加したカッピングの内容は、それぞれカッピングした後、カッピングフォームに評価を記入し、その後参加者の方々と評価をセッションするという和やかな雰囲気の中進んでいきました。

009 018 020

まずは、スペシャルティコーヒーと コマーシャルコーヒーの違いを比べる初級レベルのカッピングとして、4つのカップから、COE(カップオブエクセレンス)2つ、その他2つをカッピングして判定する。というものでした。

012

答え合わせでは、

1.COE ブラジル サントアントニオ
2.ブラジル 4/5
3.ホンジュラス HGEP
4.COE サルバドル ラ ヌエバ

でした。

どの豆がどこ?ということは問われずに、美味しいかどうか?という判断で進んでいきます。

一応、自分も嫁もCOEをきちんと選べていました。

そして、それぞれにクリーンさとか、甘み、バランス、酸、フレーバー、口当たり、後味、バランスなど評価して、それぞれに点数がつくのですが、初めての採点にも関わらず、自分と嫁が似たような点数になっていたのが、ちょっと不思議であり、面白かったです。
(普段から似たような珈琲を飲んでいるので、それも分かるのですが、、。)

006

そしてメインとなる、後半の「インドネシア産コーヒー9種飲み比べ」

023 

銘柄は

A.ガヨ スターオーガニック
B.アテンスーバー
C.ガヨ フォレストオーガニック
D.ロングベリー
E.ティムティム
F.ゲガラン
G.マンデリンG1
H.ルワック
I.アチェ アルールバダ

これはそれぞれ小農家の方々がつくられているまだまだ珍しいものばかり。
これらをカッピングできて、非常に面白かったです。

ジャコウネコの糞から取り出すという、かの有名な、まぼろしのコーヒー「ルワック(ルアク)」も初めて口にしました。

また、天然と養殖で糞の見た目が違うなどという事も初めて知り驚かされました。

(※写真は、コーヒーのパーチメント(殻つき)状態で出てきた、ジャコウネコの糞を乾燥したものです。実際はその殻をとり除くので直接珈琲豆が触れる訳ではないとの説明がありました。左が天然、右が養殖)

014

嫁は、「最初から、ルアックと、分かっていたら飲めなかったかも」という発言しておりました。(^^

インドネシア数種、それぞれの微妙な違いを見分けるのにとても集中してのカッピングで、4時間がアッという間に過ぎました。4時間いたのが信じられないくらい楽しかったです。

ちなみに、カッピング後、息子が「ガヨ スターオーガニック」を一口すすり、「甘い」という言葉が出ました。

娘は「酸っぱい!」の一言でした。(普通はそうだと思います。)

033

そして、なんといってもカッピング後のみなさんとのセッションがとても勉強になりました。

カッピングした印象などを表現するのですが、その表現がカッピングされた方々で違って、表現の勉強にもなりました。

別途用意されていた、サルバドル産の Funky.n(パカマラ) と javanica(ジャバニカ) が 他のコーヒーの味と違い、(あくまで個人的にですが)非常に美味し過ぎて、ちょっと忘れられないコーヒーとなりました。

030

福井県敦賀市からということで、名古屋はちょっと距離があるのですが、今後も参加できる機会があれば、是非とも参加したいとても素敵なセミナーでした!!

048

そして、セミナー後にせっかくの名古屋ということで立ち寄った、「世界の山ちゃん」の手羽先も美味しかったです。(^^

10月1日は、「コーヒーの日」です。(2014年)

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
焙煎担当 & JCQA認定コーヒーインストラクター1級 の新田和雄です。

10月1日は、「コーヒーの日」です。

国際協定によって、コーヒーの新年度が始まるのが10月で、この日がコーヒーの年度始めとなります。さらに、日本では、秋冬期にコーヒーの需要が高くなることから、1983年に、全日本コーヒー協会によって、10月1日が「コーヒーの日」と定められました。

当店は、おかげさまで、創業七十四年。
日頃の感謝を込めまして、コーヒーの日を含めた 10月1日(水)、2日(木)、3日(金)は、珈琲豆を10%増量して販売させて頂きます。

「コーヒーを通じて一杯の幸せを」
多数のご来店を心よりお待ちしております。

コーヒーの日チラシ