2014秋の敦賀グルメマーケットに参加いたしました。

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQA認定コーヒーインストラクター1級 の新田和雄です。

2014年9月28日(日)に敦賀合同青果さんにて開催された「つるがグルメマーケット」に参加致しました。

当日は、風が出て看板が倒れたり、コンロが消えたり、カップのフタ飛んで行ったり、と色々ありましたが無事に参加できました。お越し頂きました皆様ありがとうございます。m(_ _)m

IMG_1285.JPG

出品するものを直前まで悩んだのですが、最近イベントではやっていなかったカプチーノを中心としたメニューに加えて、当日はこっそりと「モカまつり」を開催しておりました。

これ、我ながら、かなりマニアックな祭りだったと思います。(考えたのはヨメです。)

イエメン産のモカマタリを筆頭に

エチオピア産のモカハラーロングベリー、モカシダモG2、モカシダモG4、モカレケンプティG4と取り揃えておりました。

IMG_1286.JPG

ちょっと解説しますと

イエメン産のアラビカコーヒーは、基本的に全てモカマタリとなります。

次に

エチオピア産の豆は、産地によって「モカ」の後に地名由来の名前が付きます。

ハラー、シダモ、レケンプティ等の部分ですね。

あと、Gの次の数字は、エチオピア内でのグレードで、欠点豆の混入が一番低いのがG1となります。

G2は、基本水洗式で、G3、G4は、非水洗(ナチュラル/サンドライ/天日干し)の精選方法になります。G1は、特に欠点豆を無くしたもので、水洗、非水洗、両方存在するようです。

じゃあ、G4はランクが低いのがというと、エチオピアに限りですが、モカ特有のフルーティーな香りを楽しもうとすると、個人的にあまりクリーンなカップだと、そのあたりの特徴が弱くなりすぎるので、G4を使用しています。(通常店頭では、モカマタリしか取り扱っておりません。)

皆さん、説明すると色々とお好みに合わせて注文して頂いておりました。

また、特にモカのフルーティーな香りのせいか、数名のお客さんがわざわざ戻って来られて「これすごい美味しいです!」と伝えて来てくれたのが印象的でした。

中々、自家焙煎専門店でも、5種類のモカを提供するのは難しいと思いますが、イベント限定ということもありますが、今回は小規模ながらちょっと面白い試みで出店できてよかったなと思っております。

IMG_1281.JPG 

それでは、皆様よいコーヒータイムをお過ごしください。(^^

2014秋 つるがグルメマーケット参加致します。

2014年9月28日(日)に敦賀合同青果さんにて開催される「つるがグルメマーケット」に参加致します。

毎回、沢山のおいしい食べ物や、新鮮な野菜などで賑わう、非常にグルメなイベントです。

当店では、カプチーノや、シングルオリジンをハンドドリップで楽しんで頂く予定です。お買物の合間に是非お立ち寄りください。(^^

お待ちしております。(^^


焙煎度ごとに飲み比べて、味や風味の違いを楽しみました。(コロンビア エスメラルダ スプレモ)

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQA認定コーヒーインストラクター1級 の新田千香子です。

本日は午前中、敦賀市相生町「パンかあさん ぽこぽこ」さんでコーヒー教室「コーヒーぽこ」を開催しました。

写真 2014-09-18 10 30 11

テーマは「焙煎度による風味の違いとブレンドのお話」でした。

カッピングして頂いたのは「コロンビア エスメラルダ スプレモ」コロンビアの香り高い逸品です。

生豆、焙煎機に投入し1ハゼ後、2分、3分、4分、5分と経過した、各焙煎段階での豆を見て頂きました。
(※1ハゼとは、簡単に言うと焙煎で火が通って豆が膨らむ際に途中で「パチッ」という音がなる事です。)

普段あまり生豆を見る事が無いという事と、すべて同じ豆なのに、焙煎進行具合でどんどんしわが無くなって膨らんでくることにとても驚かれていました。

また、2分のコロンビアと5分のコロンビアをカッピング頂きました。
カッピングされたお客様からは「違う!!」「あっ!こっちの方が好き!!」などと、同じ豆でも焙煎度が違うこと風味が全く違ってくることに驚かれていました。

写真 2014-09-18 10 48 37

その後、意外と知られていないブレンドの定義などのお話をさせて頂き、最後にハンドドリップによる抽出方法を実習しました。

何度か講座を受講して頂いているお客様から「今日は今までで一番上手に淹れる事が出来た!!」とにっこり素敵な笑顔を頂きました。(^^)
また、他のお客様からは「今まで適当に淹れていたけれど、一度きちんとした方法で淹れてみて、コーヒーがとても美味しいと思いました。家でも夫に淹れてみます!」と嬉しいコメントも頂きました。

写真 2014-09-18 11 35 47

忙しい時間にはなかなかハンドドリップでコーヒーを淹れる事は面倒臭い時がありますが、少しお時間のある時や、特別な日(お誕生日など)には、ぜひ、ハンドドリップでコーヒーを淹れてみてください。きっと特別な思い出と時間になるかと思います。

より、コーヒーを長く楽しむための保存方法 ② (冷凍・冷蔵or常温)

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQA認定コーヒーインストラクター1級 の新田千香子です。

前回の保存方法の続きです。

「こまめに買いに来る時間もない、お買い得日にまとめて購入したい、、。」という方によりコーヒの風味や状態をより良く保って頂く方法としてまとめてみたいと思います。

粉でまとめて沢山購入された場合ですが、まず、数日間飲まれる分を分けてください。(たとえば、1kg購入された場合、200gを5つや100gを10個とかに分けます。)分けたコーヒーはビニールの袋等に入れられて、冷凍庫に保存してください。

毎日使われる分は冷蔵庫・冷凍庫には入れないで下さい。冷蔵庫・冷凍庫と室温の温度差でどんなに短時間でも必ず結露をおこし、劣化の要因となります。
毎日使われる分は、缶や密封容疑、もしくはビニール袋、ジップロップ等に入れて光の当たらない涼しい場所に置くようにして下さい。(よく温度を気にする方がおられますが、温度は水分、光ほど劣化の原因とはなりません。)
密封容器も光がコーヒーに直接当たらないように光を遮断している方が好ましいです。(透明だと光を通し、劣化が早まります。)

冷凍・冷蔵したコーヒーを使う時ですが、必ず一旦室温に戻してから(使う一日前に出しておくと良いですね。)開封して下さい。
室温に戻す前に開封すると、結露でコーヒーの劣化が早まります。ご注意下さい。

開封後は常温で、密封容器等に入れて、光の当たりにくい冷暗所にて保存下さい。

以上が、より長くコーヒーを楽しむ保存方法になります。私も少しでも長く、美味しいコーヒーを楽しみたいと思います!(^^)

写真 2014-09-17 9 41 24

より、コーヒーを長く楽しむための保存方法 ① (豆 or 粉)

福井県敦賀市にある自家焙煎珈琲専門店、有限会社チモトコーヒー
JCQAコーヒーインストラクター1級 の新田千香子です。

ご来店頂くお客様から、「どのコーヒーが一番おいしいの?」や「淹れ方は~」などなど、様々なご質問を受けますが、一番多いのは、「保存方法」じゃないかな~と思います。(淹れ方も多いかも!)

私もコーヒー屋として、一日でも長く、美味しくコーヒーを楽しんで頂けたらと思いますので、
一番の理想としては、豆のままで、少量ずつかって頂いて、飲まれる時に挽いてドリップして頂くになります。

しかし、ミルも、時間も無い場合はその中での(粉の状態でご購入される際の)ベストは、やはり少量でご購入頂く事になります。

豆は焙煎した時から化学反応が始まり、劣化が始まります。それを粉にすることで劣化のスピードは一気に加速しますので可能であれば、こまめにご購入頂くことがおススメです。

だけど、こまめに買いに来る時間もない、お買い得日にまとめて購入したい、、。という方も多いと思います。
そのような一度に沢山のコーヒーをご購入された際のオススメの保存方法を次回に書いてみたいと思います。

写真 2014-09-13 14 39 00

2014年9月の20%増量日のお知らせ(臨時休業の為、変更があります)

福井県敦賀市にある有限会社チモトコーヒー
JCQAコーヒーインストラクター1級 & 焙煎士の新田和雄です。

最近、朝晩が涼しい日が増えてきて、今日から

「やっとおいしい珈琲の季節になってきたわね~。」

とか、

「寒いので、コーヒー飲みたくなって買いに来ました。」

とか、仰っておられるお客様が増えた印象でした。

自分たちも、急冷のアイスばかり飲んでいましたが、ここ数日はホットで飲む機会も増えて来た気がします。

ところで、本町本店では、基本毎月20日に20%増量サービスデーというのを行っています。(日曜、祝日などが20日の場合は、翌営業日となっています。)

今月は、9月20日(土)が臨時休業の為、翌営業日の

9月22日(月)が、20%増量日になっております

ので、ご注意ください。

店頭では、出来るだけお客様に伝える様にしておりますが、うまく伝えられていないお客様もおられると思いますので、このページ見て頂ければ幸いです。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

数量限定 「ナショナル・ウイナー」コスタリカ エルバポール【完売しました】

福井県敦賀市にある有限会社チモトコーヒー
JCQAコーヒーインストラクター1級 & 焙煎士の新田和雄です。

コスタリカの国内優秀品の呼称を持つ「ナショナルウィナー」コスタリカ エルバポールを少量入荷しましたので、数量限定でご用意しております。(680円/100g)
(※ごく少量しかご用意しておりませんので無くなり次第終了致します。ご了承ください。)

珈琲の果実感のある上品で程よい酸味を楽しみたい方にお勧めです。

焙煎度 中煎り ハイロースト(煎り具合8段階の5番目 2ハゼの前)

見た目 大粒です。

お勧めの飲み方 ペーパードリップでホットコーヒー

コメント 上品な飲み口で、中南米系独特の甘い香りと、珈琲の果実の持つ心地よい酸味と旨味、そして、適度なコクを楽しめます。飲み終えた後も程よい余韻が後を引きます。あまり主張の強いコーヒーではないのでコーヒーが苦手な方でも飲みやすいと思います。急冷のアイスにすると、上品さが際立ち、儚さを感じました。

ナショナルウイナー コスタリカ エル バポール ナショナルウイナー コスタリカ エル バポール

詳細は以下をご覧下さい。

「ナショナル・ウイナー」 コスタリカ エル バポール

コスタリカのナショナル・ウイナーとは生産国内で開催されるコーヒーコンクールの通称。それぞれの地区からの農園が選りすぐったスペシャルロットが一堂に会し、国内審査員によって厳正な品評が行われます。上位に入賞したコーヒーはその国を代表する高品質コーヒーとしてナショナル・ウイナーという呼称で取り扱われています。

このロットを生産したのは、わずか8.8haの農園を所有する、Julio Calvo Salazar(フリオ・カルボ・サラザール)、Giovai Jimenez Solis(ヒオバニ・ヒメネス・ソリス)、UlisesE.Porras Araya(ウリセス ポラス・アラヤ)の3人です。

長いコーヒー生産の経験と、めまぐるしい品質の向上のための努力で、理想的なコーヒーチェリーを育て上げました。土壌の滋養をまし、除草剤の使用を極力減らし、農薬散布、剪定作業も年1回に減らしました。シェイドツリーには、Poros,Gineans,Guabaなどを使用しています。生産処理方法も、いまやコスタリカでは数少ない、自然 の状態でのFully Washed方式を採用しています。

農園名 エル バポール
農場主 フリオ カルポ サラザール、ヒオパ二 ヒメネス ソリス、ウリセス ポラス アラヤ エリア タラス
プロセス フリーウォッシュド
標高  1,600m
品種 カトゥーラ、カトゥアイ
風味 アップル、アーモンド、シトリック、レモン

ちなみに コスタリカの国に関しましては、こちらをご参照ください。

簡単!急速冷却のアイスコーヒーは、香りもよくおいしい!

福井県敦賀市にある有限会社チモトコーヒー
JCQAコーヒーインストラクター1級 &
JBAバリスタライセンスレベル1 &
焙煎士の新田和雄です。

有限会社チモトコーヒーのアイスコーヒー

当店では、珈琲の味の確認の為に、コーヒーを淹れて飲むのですが、今年は、急速冷却のアイスコーヒーにはまってしまい、結構たくさん飲んでしまいました。

急速冷却がおいしい理由

コーヒーが冷めるとやや濁ったと感じる方もおられると思いますが、通常、熱いコーヒーがゆっくり温度が下がっていくと、コーヒーの成分に含まれる、タンニンと、カフェインが結合し、結晶化する事により白く濁るクリームダウン現象が起こります。この状態だと味にも透明感がなく濁ったイメージのアイスコーヒーになってしまいます。

そこで、コーヒーを抽出したコーヒーサーバーを水で冷却したり、たくさんの氷に一気にいれて、急冷することにより、透明感のあるアイスコーヒーを楽しむことができます。

作り方は?

とても簡単で、必要なのは、コーヒー、お湯、氷などなど、、。
(器具は、必要に応じて、、。)

使用したコーヒーの量と挽き具合は、今回撮影した分だと、
「イタリアンブレンド 16g #5(少しだけ細かめの挽き具合)」です。

抽出量が一杯分なので、普通のホットだと、10g~12gなのですが、今回は氷をたくさん使用して、急速冷却する飲み方なので、粉も大目に、挽き具合も細かめにしております。

使用量などはお好みなので、そのあたりは皆様の使用する、器具や抽出方法によって調整してください。

グラスに注ぐやり方だと、コーヒーサーバー(コーヒーポット)を洗う手間も省けます。(^^

イタリアンブレンド粉16g#5

今回は、メリタ式ドリッパー(一つ穴)と、氷をたくさん入れたグラスを使用しております。

メリタ式の場合は、一つ穴で、湯だまりができるのでしっかりと濃いめに出る傾向があります。

カリタ式の3つ穴の場合は、抽出も早く軽めに出やすいので、濃いめにしたければ抽出速度を遅くする(少しずつ注ぐ)か、粉の量を増やす、もしくは粉の挽き具合は細かめにするといいかと思います。

ハリオ式の場合は、大きめの一つ穴ですので、抽出速度は速いのですが、ドリッパーが60度の角度で抽出効率がいいようなので、気持ち粉を増やすか同量程度でいいかもしれません。

(今回、抽出液の容量は計測しておりませんので、あくまで参考程度にして下さい。)

ドリッパーとグラス

グラスに氷はこんな感じです。80度近いお湯を注ぎ、そこからやや温度は下がりますが、それなりの温度のお湯が注がれますので、氷がどんどん溶けていきます。
その溶けた氷の分と、抽出したコーヒーが混ざったものが、最終的に飲むアイスコーヒーの液になりますので、今回はホットコーヒーに比べると、濃いめに抽出しているという訳になります。

グラスに氷沢山

今回は、抽出過程は省いておりますが、グラスに落ちるコーヒーの様子を動画でアップしてみました。(^^

最終的に抽出したのは以下の写真です。

有限会社チモトコーヒーのアイスコーヒー

こんな感じで、敦賀まつりの時期だと、アイスコーヒーにベビーカステラとかもよく合います。(^^

三宝屋のベビーカステラと有限会社チモトコーヒーのアイスコーヒー

出先でも、美味しいコーヒーを。

福井県敦賀市にある有限会社チモトコーヒー
JCQAコーヒーインストラクター1級の新田千香子です。

今日は福井産業支援センターさんで開催されている講座(コーヒ関連ではありませんが)に出席しました。

午前の講義が終わって、お昼休憩。
こんな時でも美味しいコーヒーが飲みたくなるのがコーヒー屋のサガですね。

image

出先の休憩時間に美味しいコーヒーを飲む事が難しそうな時は、当店チモトのコーヒーバッグと熱湯の入った水筒を持ち歩きます。(今日はマグカップも)

朝に淹れたコーヒーを保温の水筒で持ち歩くのもいいのですが、お昼にはやはりコーヒーの香りが飛んでしまって楽しむことが出来ないので、淹れたてが楽しめるコーヒーバッグを持参します。

封を開けた時と、お湯を注いだ時のこの香り?!う?ん、リラックス♪♪

さあ、午後からの授業も頑張れそうです(o^^o)

コーヒー学入門に参加してきました

福井県敦賀市にある有限会社チモトコーヒー
JCQAコーヒーインストラクター1級で焙煎士の新田和雄です。

2014年9月6日(土)に福井県坂井市春江町にある「ハートピア春江」に「コーヒー学入門」という講演を聞きに行ってきました。

廣瀬幸雄先生

この講演は、金沢大学が主催で、日本コーヒー文化学会が中心になって開催されているもののようです。(後援に 全日本コーヒー協会と福井新聞社、協賛 福井大学となっておりました。)

内容に関しては、

(1)「水素焙煎コーヒー」 
   講師:廣瀬 幸雄(金沢大学名誉教授)

(2)「”人を取り持つ間のツール”コーヒーの魅力について」
   講師:佐野周一(日本コーヒー文化学会福井市部 支部長)

(3)「モーニングサービスの現況~今後の可能性~」 
   講師:佐藤由紀弘(金沢大学 講師)

途中コーヒーブレイクがあり、

最後に討論会「おいしいコーヒーの飲み方」という流れでした。

007

会場は、定員150名だったところ、170名近くの方が聴講に来ており、熱心な方が多い印象でした。

内容に関して、印象的だったのは、

日本人の好みは、「コク、キレ、スッキリ」
香りに関しては、花、ナッツ、フルーティ、果実、焦げ、スイート、ビターと色々あり、
味は、甘さ、苦味、酸味とあるが、甘みのあるものを好む。

と、当店の目指しているものが、日本人の好みに向いてるんだと、納得しながら聞いておりました。

また、時間が経ち古くなった珈琲は、体に悪いとか、コーヒーは体にいいけど、インスタントはダメとか、古くなった珈琲は、電子レンジで加熱すればいいけど、その場合も豆じゃないとダメとか、色々と興味深い話が多く、思わず聞き入ってしまいました。

他にも、コーヒー単体の健康に関しての効果と、水素コーヒーの場合での効果などもありました。

ちなみに水素コーヒーはすっきりして飲みやすく、一緒に出てきた御菓子も両方とも、おいしかったです。(^^)

モーニングサービスの現況 伊藤由紀弘先生

また、モーニングの話も非常に面白く、分析内容も非常に分かりやすく、一度、岐阜や愛知の喫茶店にも行ってみたいと思いました。

討論会 美味しいコーヒーの飲み方

全体で3時間でしたが、どれもコーヒーに関しての内容で、興味がある事ということもあり、非常に時間が経つのが早かったです。

また、来年も機会があれば参加してみたいと思いました。