塩コーヒー

抽出前の様子

抽出前の様子

蒸らして膨らんでいる状態

蒸らして膨らんでいる状態

完全焙煎珈琲豆専門店チモトコーヒー
JCQA認定コーヒーインストラクター1級の新田和雄です。

一度試してみたかった、敦賀の塩を使って塩コーヒーを作ってみました。

なぜかというと、敦賀(角鹿)の塩は、呪いが掛からないということで、一部で有名なんで、それを使ってコーヒーを淹れるとどうなるかが、非常に興味がありました。(^^;

参考資料:越前・若狭の塩業

越前・若狭の塩業

『紀』武烈天皇即位前紀は興味ある逸話を伝える。権勢をほしいままにした大臣平群真鳥は、「太子」時代の武烈と大伴金村に滅ぼされるのに際して、あらゆる塩に呪いをかけ、天皇の食料とならないようにした。ただ角鹿の海の塩だけ呪いをかけ忘れた。これによって角鹿の塩だけが天皇の食料になったという(編三四)。

やり方は簡単で、敦賀の塩を抽出時にコーヒーの粉の上に一匙落して、後は普通に抽出するというやり方をやって見ました。

なんだか、凄い膨らむコーヒーに以上に期待が寄せられました、、、

そして、肝心のお味のほうは、、、?



残念ながら、率直な感想は、「思ったほどしょっぱく無いけど、おいしくも無い」という感じでした。(–;

日本では、主に軟水で淹れるのが通常なんですが、塩のミネラル分が出る分、硬水で抽出した様な味わいでした。

今後も改良を重ねて、敦賀の塩を使った、「塩コーヒー」を胸を張って出せるようになるといいな~と思っております、、。(^^;;


This entry was posted in ペーパードリップ, 研究. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA