パーフェクトタッチ2をエスプレッソ用に調整

おいしいドリップコーヒーとエスプレッソの普及に努める kazuo です。

すくなくとも6年以上は経っているパーフェクトタッチ2があったのだか、初期不良というか調整がおかしかったせいか、一番細かくしても結構粗くしか挽けなかった(当時はこんなものかと思っていた。)ので、今更ながらに修理というか、コーヒー豆をエスプレッソ用の微粉に挽けるように調整してみた。(ちなみに他の機種で似た仕様のものがあるようでそれに関しては書いてある内容を参考にしました。)

この機械自体は、かなり年数が経っているので今更メーカーにも出せないし使っていなかったものなので、決して個人で調整や修理を勧めるために書いた記事ではありません。何かあった場合は自己責任でお願いします。

まず豆が入る部分の蓋をとります。

次に見えるネジを3本とも外して機械を開けます。右上の一本は緩んでいる状態で写っています。

次に金属部分のネジと挽き具合を調整する部品を外します。

ここで好みの挽き具合に出来るように調整して元に戻せばOKです。

丸で囲った部分をカッターやニッパーで取り除くと、好きなように調整できる仕様になります。ただし、歯と歯があたったりする場合もあるのでその辺りは普段以上に気をつけて調整する必要があります。

分かりにくいですが、調整したパーフェクトタッチ2で挽いたコーヒー豆をポルタフィルターに詰めたところです。細かすぎるかもしれません。

抽出したショットはこんな感じでした。クレマというより泡が出ている感じになっているのは細かく挽きすぎで抽出時に暴れた感じのショットだったから?それともうまくタンピングできていなかったからでしょうか?
とりあえずかなりの微粉が静電気で容器に付きますが、エスプレッソ用にもひけますという事で。

※繰り返しますが、これは個人的に調整を行ったものを記録したもので、改造などを促すものではなく、あくまで自己責任でお願い致します。

追記:上記の調整したパーフェクトタッチ2では細かい粉がひけるのですが、かなり微粉も多く、雑味が出てるようなので暫くは様子見する事にしました。味にこだわるとちょっと厳しいかもしれません。


This entry was posted in エスプレッソ, 器具 and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to パーフェクトタッチ2をエスプレッソ用に調整

  1. moriyama says:

    PT-2を中古購入したのですが…このサイトの書き込みとは逆で最大粗目にしても
    パウダー状になり 捨てる覚悟でした。いろいろ 参考にさせていただきます。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA